現在位置: ホーム / 働き方改革への支援 / 事例:希望ケ丘高等学校 は「ペーパー レスを基点に、教員の働き方を変える」

事例:希望ケ丘高等学校 は「ペーパー レスを基点に、教員の働き方を変える」

職員会議をペーパーレス化するなど教員の「働き方改革」に取り組む、神奈川県立希望ケ丘高等学校の事例を紹介します。

希望ケ丘高等学校の事例

朝礼や職員会議は定期的に開かれるものです。さらに、担当学年ごとの先生が集まり、学年会議なども頻繁に開かれる現状があります。もちろん、教職員だけの会議だけでなく、授業などの対応も含めて、仕事が多忙になりがちな教職員の方々です。

ICTを利用することで、ペーパーレス化をはかり、時間の効率化や紙の削減だけでなく、コミュニケーションの改善を図っている事例が増えています。

例えば、神奈川県立希望ケ丘高等学校 (以下、希望ケ丘高校) は、「ペーパー レスを基点に、教員の働き方を変える」取り組みを進めているそうです。事例が公開されています。

 希望ケ丘高等学校