現在位置: ホーム / Windows/Chromebook比較 / Windows/Chromebookを比較 - OS

Windows/Chromebookを比較 - OS

Windows OSがマイクロソフトが提供されているのと同様に、グーグルが提供するOSが、Chrome OSです。Chrome OSが搭載された端末をChromebookといいます。Windows OSが搭載されたWindows PCとChromebookを、次のようないくつかの視点で比較します。

Windows PCとChromebookについて

このセクションでは、比較に上がることが多い、Windows PCとChromebookについて、比較を紹介します。

Windows PCとChromebookを、いくつかの視点で比較します。

教育用Windows デバイスのリスト

Windows 教育用PC

 

Chromebookサイト

Google Chromebook

どちらの端末も(Surfaceを除くと)、OSを提供するベンダーとハードウェアを提供するベンダーが異なります。例えば、iPadの場合、OSもハードウェアもアップルが提供しています。そのため、ハードウェアそのものを比較する場合は、各ハードウェアメーカー(例:HPやNECなど)の違いになってきます。

このセクションでは、基本的には、ハードウェアメーカーの比較は行いません。

 

OSの違い: Windows PCとChromebook

1回目は、OSについての違いです。 Windows PCとChromebookの最大の違いは、搭載 OS です。Windows OSがマイクロソフトが提供されているのと同様に、グーグルが提供するOSが、Chrome OSです。Chrome OSが搭載された端末をChromebookといいます。

実は、OS以外の仕様だけを比較すると、利用されているコンポーネントはかなり似ています。例えば、今回GIGAスクール仕様で利用されるCPUは、ほぼIntel Celeron を利用しています。そのような背景もあり、以前は、同じ型番で、OSの選択として、Windowsを選ぶか、Chrome OSを選ぶかの違いだけのモデルを提供しているメーカーもありました。

そのため、Windows PCが高価で、Chromebookが安価であるということは言えません。

Windows 以外の OS には、アップルが開発するmacOS X 等のさまざま OS が存在します。Chrome OS は、オープンソースであるLinux OSをベースにして開発されたOSです。現在は、単独でのOS提供は実施されておらず、 Chromebookとして、端末にインストールされた状態で出荷されています。

Chrome OS はウェブアプリケーションのみの使用に特化していています。Windows OSは、多くの人が使っているのでご存知ですが、アプリケーションをインストールして利用場合と、ウェブアプリケーションを利用する場合の2つの利用方法があります。そのため、利用するアプリケーションによって、使い勝手が違ってきます。また、ウェブアプリケーションの場合、使い勝手がほとんど同じ場合もあります。

Windows 10 Chrome OS
開発企業 マイクロソフト グーグル
ベースとなるOS Windows 10 Linux
アプリケーション インストールアプリケーションからウェブブラウザベースのアプリケーションまで多数 ブラウザベースのアプリケーションのみ利用可能。 Google Play Store上の全Androidアプリが実行できる。