現在位置: ホーム / システム構築 / GIGAスクール構想推進委員会、運用・導入一覧表Q&Aを公開

GIGAスクール構想推進委員会、運用・導入一覧表Q&Aを公開

「GIGA HUB WEB」(運営:一般社団法人ICT CONNECT 21) は、ICTを活用して、子供たちが格差なく「いつでも、どこでも、だれとでも」学ぶことができる「1人1台端末環境」の実現を目指す「GIGAスクール構想」に関して、様々な情報を集積したポータルサイトです。2020年12月9日、GIGAスクール構想の導入・運用一覧表に基づくQ&A第一弾をGIGAスクール構想Q&Aに公開されました。

GIGAスクール構想「流れの全体像」に基づく導入・運用一覧表を整備

GIGAスクール構想の実現には様々な準備が必要となります。大きなプロジェクトとなりますので、ITサービス事業者と協力して進める場合にも、どのような工程があるのか、何を決めるべきなのかを把握しておきたいところです。

GIGAスクール構想推進委員会 学校支援部会では、GIGAスクール構想「流れの全体像」に基づく導入・運用一覧表の整備を進めています。

今回公開されたQ&Aは、GIGAスクール構想推進委員会メンバーの知見を結集し、GIGAスクール構想「流れの全体像」の項目について、導入・運用上で課題となる事項についての一問一答をまとめたものとなります。

 

調達から運用の「流れの全体像」

以下は、GIGA GUB WEBに公開された「流れの全体像」です。

導入と運用の一覧表

 

各項目のQ&Aを見てみましょう。

例えば、「アカウント管理」については、『どのようなアカウントの管理・運用ポリシーを策定するべきか?』という導入前の質問から、『ユーザーID・パスワード管理に関して、児童・生徒・教員が紛失した際の対応方法を教えてください。』といった、導入後の実運用時に起こり得る事態を想定した質問と回答が掲載されていました。

 GIGA GUB WEB掲載Q&Aリスト

 

また、学習記録についての質問『赴任した教職員が作成したデータを前の学校から持ち込む場合、・・・』などは、システムに詳しいITサービス事業者の意見だけでなく、現場の教育委員会や教師の要望もすぐに伝えられると、運用設計を早く進められ、実運用でも不便を感じることが少ないと思います。

コロナ禍において実現が急がれるGIGAスクール構想を、迅速かつ有益に導入するために、ぜひご確認いただきたい情報です。

詳細はGIGA HUB WEBをご覧ください。