現在位置: ホーム / セミナー情報 / 【オンライン】11月20日まで開催『Windowsと未来の学び』

【オンライン】11月20日まで開催『Windowsと未来の学び』

10月20日より、ビジネス・フォーラム事務局主催のオンラインフォーラム『Windowsと未来の学び』が開催されています。 『みんなのGIGAスクールDays~わかる!基本から事例まで』と銘打ち、11月20日まで多彩なコンテンツが、順次、無料配信開始します。 その他、GIGA最前線では現在配信中の「Teams ですぐに始める!オンライン授業提案」の他、今後は「Teams for Education 模擬授業体験セミナー」も配信される予定となっており、注目です。

GIGAスクール構想の実現に向けた現場の取り組みについて聞くことができる

すでにICT環境構築を進めている取り組み事例の1つとして、埼玉県鴻巣市が登壇されていました。

この登壇には教育委員会だけでなく鴻巣市長が自ら登壇し、鴻巣市が目指す姿を説明されました。当市は平成28年の「全国ICT教育 首長協議会」の発足当初から加盟し、GIGAスクール構想発足前から教育情報化推進に取り組まれてきたそうです。

また、教育委員会からの説明では、環境を整備することで何を目指すかといった取り組み過程や、どのように教育クラウドと端末選定したのかといった、どの教育委員会でも検討ポイントとなる過程や選定理由をとても分かりやすくお話されていました。

鴻巣市の市長と教育委員会が、単に環境の整備でなく、整備後を見据えて一丸となって取り組んでこられたことが分かります教育委員会の詳しい説明は、開催趣旨にもあるように、今後の目指す方向のヒントとなるのではないでしょうか。

 

開催概要

以下、主催者による開催趣旨の案内文は以下の通りです。

日本の教育現場のICT環境を抜本的に改善するGIGAスクール構想が急ピッチで進められています。

新型コロナウイルス感染症による学校の休業によって、学校現場のICT環境の脆弱さが可視化され、教育ICT化は待ったなしの状況です。そういった混沌とした状況下で、教育に携わる産官学の様々な現場の試行錯誤の中で、多くの実践と挑戦が続けられています。

私たちは、日本だけではなく、世界も含め、教育ICTを活用したそういった新しい取り組みを少しでも早く多くの方々に共有し、子供たちの未来の学びの形を創り上げていく必要があると考えております。

では、子供たちの未来の学びに向けて今後必要となる実践的な教育ICTとはどのようなものなのか。最適なデバイス選定やネットワーク環境、クラウドの活用、子供たちが未来を生き抜く力をつけるために求められるアプリの選定や効果的で安全な活用方法、さらにそれらを支えるこれからの日本のICT教育のあり方や考え方はどうあるべきか。

こういった論点についての幅広い情報提供の場として、この度<Windowsと未来の学び>オンラインフォーラムを開催する運びとなりました。すでにICTを教育現場で活用している学校現場の取り組み事例をはじめ、いまさら聞けない基本的なポイントから、応用としての様々な具体的な手法など、今後の目指す方向のヒントともなるお役立ち情報をお届けしてまいります。

 

イベント構成

構成 タイトル 対象 説明
Track1 『戦略から事例まで~GIGA最前線』 教育委員会様向け GIGAスクール構想にどのように取り組み、どう教育改革に取り組むべきか。 自治体や教育機関関係者向けに導入・活用戦略や最新事例をお伝えします。
Track2 『ICT授業活用の実践』 学校の教職員の方向け 導入後の教育ICTをどのように現場で活用していくべきか。 現場教員の最前線授業やデジタル教科書を活用した授業事例などをお伝えします。
Track3 『これからの学びと社会』 教育に携わる全ての方々に向けた特別セッション 子どもたちが21世紀の国際競争社会を生き抜いていくにはどのような力が求められるのか。 これからの教育に求められる人材育成の視点や、テクノロジーの重要性についてお伝えします。

 

詳細

miraino_manabi
主 催: 株式会社ビジネス・フォーラム事務局
協 賛: 日本マイクロソフト株式会社
対 象: 教育委員会職員、小学校、中学校、高校の教員他教育関係者
定 員: 1000名
期 間: 2020年10月20日(火)~2020年11月20日(金)
場 所: Webブラウザによるオンラインセミナー オンデマンド/LIVE配信(一部予定)
受講料: 無料(事前登録制) 

URL:https://www.b-forum.net/microsoftgiga/