現在位置: ホーム / 効率的なPC管理方法 / MDMってなに?

MDMってなに?

ノートパソコンやスマートフォンを管理するソフトウェアであるMDMを利用することで、学校内の大量のPCやスマートフォンを導入・運用するうえで、セキュリティ強化と運用管理効率化を実現できます。

MDMの活用で、PCだけでなくスマーフォンもラクラク管理

MDMを利用すると、PCをなくしたときに、管理者がそのPCをロックしたり、データを消去したり、また、特定のアプリケーションやウェブサイトへのアクセスを禁止することができます。

たとえば、端末紛失時の遠隔ロック&ワイプ機能や、特定のアプリケーションやカメラ機能など情報漏洩につながる可能性のある機能を禁止することが可能になります。

MDMを導入の利点を紹介するサイトの多くでは、セキュリティについての話がまずでることが多いですが、それ以外にも多くの機能があります。

例えば、マイクロソフトのMDMソフトウェアであるIntune for Educationを利用すると、

  • PCの壁紙に、そのPCを利用する学校の校章の画像を表示する
  • 無線LANのIDとパスワードを配布しておく
  • 電子教科書などの利用するアプリケーションを学年やクラスごとに自動的に配布する
  • 児童や生徒がログインパスワードを忘れたときに、リセットや再設定をする

 

といったことが、高度なITの知識がなくても、簡単な操作で実施することができます。

MDMの主要機能

多くのMDMでは、次のような機能を持っていることが多いです。

  • 端末一括設定・管理
    端末の名前付け、ソフトウェア更新ポリシーなどの一元管理
  • 端末機能制限
    カメラの利用禁止や特定ウェブサイトへのアクセス禁止などの制限
  • リモートロックやデータ消去
    管理者がリモートから、端末のロックしたり、データ消去を実行
  • アプリ配信
    必要なアプリを配信

 

詳しくは、以下のサイトをご覧ください。

MDMとは?目的や仕組み、選び方のポイントをわかりやすく解説!

MDMとは