現在位置: ホーム / Office 365 活用法 / 大阪市立東三国小学校でのTeams活用事例(事例広告)

大阪市立東三国小学校でのTeams活用事例(事例広告)

こどもの教育関連情報を日々配信しているリセマム誌に、大阪市立東三国小学校におけるコロナ禍のMicrosoft Teamsを利用したICT活用事例が公開されました。 すべての子どもの学びの保障に向けて、学校生活におけるICT活用を積極的に進める同校の、千葉法幸校長をはじめとして、3年生から6年生の各担任の先生に、ICTをどのように導入・活用しているのかを聞いています。

「やってみよう」が学校生活を変える

様々な制限が増えたコロナ禍を背景に、東三国小学校では4月から6月前半までの休校期間、そして休校が明けてからの時期の2つのフェースで取り組んだそうです。

Teamsで実現した『みんなで集まらない“集会”』『分散登校における家庭学習児童のTeams参加』のほか、各学年でどのようにTeamsを利用しているのか、利用デバイスにはどのような機能があるのかなど、具体的に紹介されています。

同校が「すべての子どもの学びを保障する」ために、先生方が、宿題の「質問コーナー」を設置したり、学習発表をご家庭で見られるように動画をアップするなどのTeamsの環境づくりに工夫されたこともさることながら、子どもたちが自ら「リコーダーのお手本動画」「図画工作の作品公開」を提案された話も印象的です。

また、チャットのコミュニケーションでは、トラブルも発生したそうですが、それが起きたことから学ぶことがある、という話は大変参考になりました。


パソコンを用いたICT教育は、単なるプログラミング学習の道具に留まらない、ということを改めて考えさせられる記事でした。

詳しくは、事例をご覧ください。

 

今回の東三国小学校を含め、大阪市の3校(他に、小路小学校、北鶴橋小学校)のICT活用事例をまとめたページも掲載されています。

 

ReseMom大阪市事例