現在位置: ホーム / Office 365 活用法 / Office 365 Educationとは?

Office 365 Educationとは?

学校での共同作業、教材開発に最適なOffice 365 Education。無償で利用できる契約、有償で利用できる契約があるため、利用形態を考えて契約しましょう。

今まで、皆さんが購入されてきた多くのOfficeは、「買い切り型」だった思います。PCにあらかじめインストールされている製品を利用したり、また別途購入して自分のPCにインストールされていたのではないでしょうか? 今後の教育機関向けにおすすめするのは、Office 365になります。いままでの買い切り型とは違って、毎月または毎年、一定額の料金を支払うことで継続的に利用する製品です。

まず、教育機関のみなさんにお伝えしたいのは、教職員・生徒・学童ともに、A1 と呼ばれる契約では、無償利用できることです。

「Officeはお金がかかるし」と思っている人には、ぜひ、利用していただきたい製品です。

有償になるのは、A3, A5 と言われる契約です。契約に従って、利用できるアプリケーションに違いがあります。

A1, A3, A5 で利用できるアプリケーションを以下にまとめました。

Office 365 A1Office 365 A3Office 365 A5
Word ○ (Web 版) ○ (Web版/デスクトップ版) ○ (Web版/デスクトップ版)
Excel ○ (Web 版) ○ (Web版/デスクトップ版) ○ (Web版/デスクトップ版)
PowerPoint ○ (Web 版) ○ (Web版/デスクトップ版) ○ (Web版/デスクトップ版)
Outlook ○ (Web 版) ○ (Web版/デスクトップ版) ○ (Web版/デスクトップ版)
Publisher
※Windows PCのみ
×
○ (Web版/デスクトップ版) ○ (Web版/デスクトップ版)
Access
※Windows PCのみ
× ○ (Web版/デスクトップ版) ○ (Web版/デスクトップ版)
ブラウザで利用するサービス
Exchage
OneDrive
SharePoint
Teams ○ (デスクトップ版も利用可) ○ (デスクトップ版も利用可) ○ (デスクトップ版も利用可)
Sway
Forms
Stream
Flow
PowerApps
School Data Sync
Yammer

 

One Driveは、容量無制限の個人用オンライン ストレージを使用できます。ただし、対象のA1,A3,A5のプランのサブスクリプション ユーザー数が 5 人以上の場合です。それ以外の場合はユーザー 1 人あたり 1 TB となります。学校で利用する場合は、5人以上の契約がありますから、無制限に利用できると考えることができるでしょうね。

注:ライセンスの契約ついては、マイクロソフトの公式サイトを確認してください。