現在位置: ホーム / Office 365 活用法 / 佐賀商業高校におけるMicrosoft Office 365 活用② 組織マネジメント編(事例広告)

佐賀商業高校におけるMicrosoft Office 365 活用② 組織マネジメント編(事例広告)

佐賀県では県立学校の生徒に1人1台PC端末体制を早期に確立していましたが、「Office 365」の本格的な運用を始めたのは2020年度からだそうです。 新型コロナの感染が拡大するさなかの2020年4月に同校の校長に着任した牛島氏は、2020年4月16日にはオンラインプロジェクトチームを発足させたそうです。 本記事では、牛島校長とプロジェクトチームを任された中島先生が、この1年でどのように進めてきたのか、お話を聞いています。

多様なメンバーでプロジェクトチームを構成

前回の①事例編はこちら

人選からすべて任せられた中島先生のお話では、「互いに補完しあって、バランスの取れた多様な構成になった」とのこと。

同校では8月24日・25日には、自宅にいる全校生徒とのTeamsを使ったオンライン授業を全教員が実施しており、その時の実施方法についても、プロジェクトチームで検討協議して決定したそうです。
全教員がオンライン授業ができるように、どのような取り組みを行ったのでしょうか。

詳細は記事をご覧ください。

全校生徒でOffice 365を使いこなすために“佐商プライド”に則ったオンラインプロジェクトチームの挑戦

 

佐賀県事例2