現在位置: ホーム / Office 365 活用法 / 佐賀商業高校におけるMicrosoft Office 365 活用①(事例広告)

佐賀商業高校におけるMicrosoft Office 365 活用①(事例広告)

日経BPの「教育とICT Online Special」に、Microsoft Office 365の活用について、佐賀県立佐賀商業高校の事例が公開されました。コロナ禍におけるWindows PCと「Microsoft Office 365」を活用したその取り組みは、生徒に新しい学びのスタイルを示しています。

佐賀県はICT利活用教育の先進県

佐賀県立佐賀商業高校は、2021年に創立114年を迎える県下有数の歴史ある商業高校です。

佐賀県はICT利活用教育の先進県。県立学校に電子黒板や生徒1人1台学習用のWindows PCを整備しており、佐賀商業高等学校においても、Office製品を活用した学びを推進してきましたが、コロナ禍によって、臨時休校に入り、生徒たちの学びの機会が失われようとしていました。

 

コロナ禍の臨時休校中に利用した「Microsoft Office 365」の4アプリの活用事例を紹介

当校ではコロナ禍での臨時休校中の2020年4月に、新しい時代の学習環境に備えた「オンラインプロジェクトチーム」を立ち上げ、Windows PCと「Microsoft Office 365」を活用してきました。当記事は、オンラインプロジェクトチームでOffice 365を活用している先生方にその活用事例を聞いたものです。

「Microsoft Office 365」で利用できるアプリはいくつもありますが、本記事では、当校で利用されている4つのアプリの活用事例が紹介されています。

  • 「Microsoft Outlook」による「朝の呼びかけ大作戦」
  • 「Microsoft Teams」による情報共有
  • 「Microsoft Forms」による生徒の健康チェック
  • 「Microsoft Stream」による教員の自作動画活用

 

詳細は記事をご覧ください。

教員による「オンラインプロジェクトチーム」で佐賀商業高等学校が独自のICT教育を推進(日経BP)

 

佐賀県事例