現在位置: ホーム / Minecraft 活用法 / 小学生からプログラミング教育の時代

小学生からプログラミング教育の時代

学習指導要領の改定により、2020年から全国の小学校で「プログラミング教育」が始まります。これから数回に分けて、小学生が利用できるプログラミング学習アプリを試してみた結果を記していこうと思います。第一回目は、「なぜプログラミング学習が必要で、何を学ぶのか」です。

小学校のプログラミング学習が始まる

学習指導要領の改定により、2020年から全国の小学校で「プログラミング教育」が始まります。

Excel VBAプログラミングに多少なりとも触れたことがある筆者が気になったのは、「姪っ子が小学校低学年。プログラミングなんて理解できるのかしら??」ということです。

そこで、これから数回に分けて、小学生が利用できるプログラミング学習アプリを試してみた結果を記していこうと思います。

次のことを調べた中から、今回は第1回として「なぜプログラミング学習が必要なのか、何を学ぶのか」について紹介します。
今回の特集のタイトルは、次の予定です。

 1.なぜプログラミング学習が必要なのか、何を学ぶのか
 2.MakeCodeって何?
 3.MineCraftのHour of Codeを使ってみる

 

なぜプログラミング学習が必要なのか、何を学ぶのか

まず、小学生のプログラミング学習で何をするのかを調べてみました。

文部科学省の定義によれば、プログラミング的思考とは以下の通りです。
自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力
小学校プログラミング教育の手引(第二版)(文部科学省)

少しかしこまった文章でピンときませんね。

もう少し調べてみると、こんな書籍が出版されていることが分かりました。

 

実際の書籍の内容(一部)を、インプレス社のWEBサイトから閲覧することができました。


ちょっとパソコンが苦手な「マルサイ」さんのマルサイ家を舞台に、プログラミング教育の最前線で活躍する「ナナコ先生」が分かりやすく解説されています。

無償公開されているのは一部のページですが、これを読むと、「プログラミング教育ってなんだろう?」という疑問は解消されると思います。

 ・私たちの生活は、思った以上に「プログラミングの恩恵」を受けていること
 ・これからますます、あらゆるものがインターネットに繋がり、それを活用する社会となること
 ・プログラミング学習の中で「コンピュータが迷わないように具体的に指示」するために
  「どのように伝えれば問題なく伝わるか、自分なりに組み立てる力」、つまり論理的思考力が養われていく

ということが分かりました。

どのように恩恵をうけているかについては、さすが「インスタグラムで人気の育児マンガ家『マルサイ』さん」、イラストで楽しく分かりやすく説明されています。また、GIGAスクール構想では必ず話が挙がる「Society(ソサエティ)5.0」についても触れられています。

お時間がある方は、ぜひご覧ください。
※しっかり確認される方は、こちらをどうぞ。

次回は、プログラミング言語を知らなくてもプログラミングを体験できる「Microsoft MakeCodeの『micro:bit』」について述べていきたいと思います。

 

関連記事

MakaCodeって何?~micro:bitを体験してみる~